国際教育と留学

国際教育と留学

International education & Study abroad

グローバルに
活躍できる人材育成

国際高は、様々な国からの留学生と過ごすことで国際的な交流を身近に感じることができる学校です。姉妹校や協力校が世界各国に7校もあり、交流も活発で、留学や研修旅行など数多くの生徒が国境を超えて視野の広がる経験をしています。

多文化共生
16カ国の留学生

16カ国の生徒が机を並べて学んでいます。 国際高はその名の通り、様々な国からの留学生とともに過ごすことで国際的な交流を身近に感じることができる学校です。

平成29年度
ユネスコスクール交流
83名の生徒と交流

世界3カ国、83名の海外の生徒との交流がありました。 ユネスコ・スクール(世界各国にある、平和や国際的な連携を実践する学校。)として認定されている国際高は、グローバルなネットワークを活用した交流も盛んです。

潞河中学(中国)15名、大田外国語高校(韓国)38名、
プラトゥムナクスワンクラブスクール(タイ)30名
平成29年度
姉妹交流
83名の生徒と交流

国際高の姉妹校や協力校は世界各地に全7校もあります。交流も活発で、数多くの生徒が国境を越えて視野が広がる経験をしています。

短期留学生の受入42名 チェスタートン高校(アメリカ)14名、パクランガカレッジ(ニュージーランド)13名、 ビショップドゥルーイットカレッジ・ヒルズカレッジ(オーストラリア)15名
平成29年度
海外提携大学研修
提携海外大学への研修64名

提携する海外大学への研修には64名が参加。
より実践的に英語を学べる環境をサポートしています。

メリルハースト大学(アメリカ)49名、ソルブリッジ大学(韓国)156名
平成29年度
留学の推奨・海外研修
海外研修旅行139名

国際高は留学生の派遣や受け入れも積極的です。海外への研修旅行にもたくさんの生徒が参加し、かけがえのない経験を積んでいます。

長期留学生14名 アメリカ 10名、カナダ 3名、ベルギー 1名

長期留学生(1カ月以上)の受入れ8名 アメリカ 7名、オーストラリア 1名

海外研修旅139名 オーストラリア 39名、シンガポール 59名、タイ 30名、中国 11名
平成29年度

英語検定・TOEICの実績 Eiken & TOEIC

2020年度から大学入試センター試験に代わる大学入試共通テストが始まり、英検やTOEICなどのスコアを活用するスタイルへと劇的に変化します。国際高は各英語検定試験に挑戦する生徒をしっかりバックアップします。

英検合格者数(国際英語コース・平成29年度実績)

← 左右にスクロールできます →
3級 準2級 2級 準1級 1級
3年生 30人(100%) 30人(100%) 29人(96.7%) 14人(46.7%) 1人(3.3%)
2年生 28人(100%) 28人(100%) 23人(82.1%) 2人(7.1%)
1年生 39人(100%) 38人(97.4%) 15人(38.5%) 5人(12.8%)
H29新入生 34人(68%) 9人(18%) 3人(6%)
TOEICの実績(平成29年度実績)

800点以上6名 / 900点以上2名

国際交流プログラム International Exchange

先進的な国際交流活動と国際理解教育の取り組みが評価され、平成16~21年までの2期6年の間、文部科学省よりSEL-Hi(Super English Language High School、先進的英語教育法の研究開発指定校)の指定を受けて以来、英語授業と学校行事と国際化をからめた独自のプログラムの研究開発を行なってきました。2012年には富山県初のユネスコスクールに認定され、ESD(Education for Sustainable Development、持続可能な発展のための教育)の理念に基づいた授業や課外活動を展開し、グローバル人材の育成に努めています。

1.国際理解講座
年間15回程度実施。主に県内で国際的な援助活動を行なっている方、90分間英語で話していただける方を講師にお迎えして、講演やワークショップを実施し、国際的な視野を広げ、生きた英語を学ぶ機会を提供しています。
2.海外留学生受け入れ
毎年、短期・長期含めて50名程度の留学生を受け入れています。ホストファミリー体験や交流を通じて異文化理解を深めるとともに、英語を使う機会を提供しています。
3.姉妹校・協力校との相互訪問とスカイプ交流
ニュージーランドのパクランガカレッジ、オーストラリアのビショップ・ドゥルーイットカレッジ、ヒルズ・インターナショナル・カレッジ、アメリカのチェスタートン高校、中国の潞河(ルーハ)高校、韓国の大田外国語高校、タイのプラトゥムナク・スアンクラーブ・スクールの世界6か国7校の姉妹校、協力校との相互訪問やスカイプを使った交流で、授業や課外活動で研究した成果の共有や獲得した英語力を試す機会を提供しています。
4.独自の海外研修
国際英語コースの1年生は、アメリカで約3週間のホームステイをしながら語学研修をします。今年で平成4年の国際英語コース発足以来27回目を数えます。また、同コース2年生は韓国でのイングリッシュ・キャンプに参加します。2年生の研修旅行は、滞在型・目的達成型で生徒がそれぞれの目的地を選択し事前研修を行います。平成29年度は関東、近畿、沖縄、オーストラリア、シンガポール、タイで実施し、約半数の生徒が海外へ出かけました。
5.留学推進事業
昭和56年にオーストラリアからの女子留学生を1年間受け入れたことが契機となり、留学生の受け入れ及び本校生徒の海外留学が始まりました。近年はアメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランドなどの他、ドイツやハンガリー、オランダ、スウェーデン、フィンランドなどの非英語圏の国々にまで広がっており、1年間の長期留学を経験した生徒の総数は平成30年3月現在、219名にのぼります。現在までに受け入れた海外からの留学生の総数は600名以上、また、本校卒業後に海外の大学へ進学した生徒は54名に及んでいます。
6.グローバルセンター
平成23年度にランゲージセンターを設立し、平成27年度にグローバルセンターと改名。語学学習や国際交流を円滑にすすめるため、専任の日本人・外国人スタッフが企画立案を行います。具体的には、英語特別講座、英語を使った料理教室、ホストファミリーの開拓やサポート等を行なっています。
留学状況(平成30年8月現在)

国際高の姉妹校・協力校


留学生からのメッセージ Messeage from International Students

渋谷 柚蘭 本校 >> カナダ

皆さんこんにちは。カナダに留学中の渋谷柚蘭です。私が通っている学校は男女共学で、制服はもちろん無く、毎日私服で過ごしています。学校は8時30分から15時15分までで、75分間の授業が4つと、自習時間が45分間の5限制です。毎日同じ時間割りが設けられていて、全てが移動教室です。日本の授業との大きな違いは、ノートをほとんどとらず、生徒一人一人が意見を交換しあって進められ授業が成立しているところです。社会や英語の授業では、エッセイなど自分の意見を書くことが多々あり、毎回自分の英語力の低さに悩まされます。特に社会のエッセイでは、カナダの経済的な部分や歴史などを知っていなければ良いものを書くことができないので、毎日の自習時間を使って先生にカナダの色々なことを質問し、知識を深める努 力をしています。そして、私が辛かったり、不安な気持ちになったときに支えてくれるのはホストファミリーです。私のホストファミリーはホストファザー、マザー、12歳のシスターの3人家族です。私のダンスレッスンの送迎などなんでも協力してくれるとても優しい笑顔の絶えない家族です。少しでも多くの経験をしてほしいと、キャンプ、ダイナソーパーク、スキー、アイスホッケー観戦など、色々なところに連れて行ってくれ、楽しい日々を送っています。 残り少ない留学期間ですが、自分で考え、挑戦し、失敗しても努力し続け、1日1日価値のある日々を過ごし、心に刻みたいと思います。日本で頑張っている皆さんに元気に会えることを楽しみにしています!

ネイサン・オドム アメリカ >> 本校

私は将来料理人になりたいです。子供の頃から、ずっと日本料理の価値が分かりました。日本の文化や料理や日本語に興味があったので留学しようとおもった時、始めから「日本に行きたい」と思いました。それで、日本料理や日本語を勉強するために、日本に来ました。留学する前の2年間で、自分で日本語を勉強しました。その中でも一番難しかったのは自分の考えを伝える事でした。しかし日本に来てから友達やホーストファミリーが親切に手伝ってくれたので、日本語で話すのはますます簡単になりました。最初はどんなところかわからなかったけど富山県の色々なところを訪れ富山県に留学に来れてよかったと思いました。自分の出身地より、富山県の自然豊かだと思っています。サンディエゴで、自然と平静は少ないので、穏やかな環境で生活できることに嬉しく思っています。富山国際大学付属高等学校で、色々な新しい知識を得ています。アメリカに戻ったら、料理人になるために、今一生懸命頑張っています。富山国際大学付属高校の生徒も先生にもいつも感謝しています。これからもさらなる飛躍を求めて毎日頑張ります。 (ネイサン君の日本語原文のまま)