沿革

昭和38年4月 富山女子短期大学開校
昭和39年4月 富山女子短期大学付属高等学校開校(旧射水東部中学校を使用)
昭和42年3月 本館鉄筋化第1期工事完成
昭和53年6月 全館鉄筋化完了
昭和55年8月 弓道場、明窓会館、テニスコート完成
昭和56年8月 運動場改修工事完成
昭和58年8月 洋風庭園完成
昭和58年10月 学園創立20周年記念式典挙行
昭和59年3月 音楽教室棟完成 音楽ホールにてシリーズコンサート開催
平成2年4月 富山国際大学開学
平成2年6月 ニュージーランドのセルウィンカレッジと姉妹校提携
平成4年4月 校名を富山国際大学付属高等学校と改め、男女共学とする。
3コース制(国際英語、大学進学、一般教養)を実施
平成6月10日 学園創立30周年記念式典挙行
平成12年4月 富山女子短期大学は校名を富山短期大学に改称し、男女共学となる。
平成14年4月 4コース制(国際英語、大学特進、大学進学、進学・教養)に改編する。
平成14年8月 全館冷房工事完了
平成16年4月 文部科学省よりSELHi(スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール)の指定を受ける(平成19年3月まで)
平成17年4月 3コース制(国際英語、特進、フロンティア)に改編する。
平成19年4月 連続2期目のSELHi指定を受ける(平成22年3月まで)
平成20年4月 富山国際大学現代社会学部 東黒牧キャンパスに開設
平成21年4月 富山国際大学子ども育成学部 呉羽キャンパスに開設
平成22年3月 ニュージーランドのパクランガカレッジと姉妹校提携
平成22年4月 新校舎第1期工事着工
平成24年8月 ユネスコスクールの認定を受ける
平成25年10月 学園創立50周年記念式典挙行
平成26年3月 オーストラリアのビショップドゥルーイットカレッジと姉妹校提携
平成27年1月 中国の路河中学(中高一貫校)と姉妹校提携
平成28年7月 タイのプラトゥムナクスワンクラーブスクールと姉妹校提携
平成28年12月 アメリカのチェスタートン高校と姉妹校提携
平成29年1月 オーストラリアのヒルズカレッジと姉妹校提携
平成29年8月 韓国の大田外国語高校と姉妹校提携