学校長あいさつ

校長 倉田延邦

本校は、東京オリンピックが開催された昭和39年に富山女子短期大学付属高校として開校し、平成4年には男女共学の富山国際大学付属高校と校名変更し、現在に至っています。また、本校は、富山国際大学、富山短期大学、みどり野幼稚園と併せて学校法人富山国際学園という私立の総合学園の一員です。

開校以来、本校は校訓として、「志高く 知性を磨き 明るく 清く 健かに」を掲げています。この校訓のもと、爽やかではつらつとした態度と素直な心を持って世界の人々と接することができるグローバルリーダーの育成を目指しています。

そのために、平成16年に文部科学省からSuper English Language High School
の指定を受けて以来、英語教育の改善や国際理解教育の推進に努めてまいりました。また、ICT(Information Communication Technology)教育にも積極的に取り組んでいます。こうした方針のもと、生徒は十数か国の国籍の生徒と机を並べ学習に励んでいます。また、平成26年度より学年進行でiPadを全生徒に導入し、タブレット端末を使った先進的な授業を展開しています。

こうしたグローバルな教育環境のもとで、次世代を担う生徒たちが、来るべき多文化共生社会で活躍できるグローバルリーダーに育ってくれることを願っています。

富山国際大学付属高等学校
校長 倉田延邦